引越し 郵便物 転送

引越しと郵便物の転送

引越し 郵便物

 

引越しの時は郵便物も引越し手続きが必要です。

 

本当なら保険会社や銀行などに住所変更の連絡を入れるべきなのですが、住所変更の証明に必要な新居の住民票などは引越し前には発行できません。

 

そこで引越しによる住所変更の場合は、郵便局に「郵便物の転送手続き」をします。
郵便物の転送は郵便局に「転居届」出します。

 

転居届の提出から登録されるまでには数日かかることがあるので、引越しの1〜2週間前には出しましょう。

 

【郵便物の転送サービスの手続き方法】

 

郵便物の転送手続きには、1)自分で郵便局に提出する方法・2)ポストに投函する方法・3)インターネットで申し込む方法の3つがあります。

 

1)自分で郵便局に提出する方法

 

1:まず最寄りの郵便局に行き、転居届をもらいに行きます。
2:必要事項を記入します。
3:最寄りの郵便局に提出します。

 

<手続きの際に持って行くもの>
・その際、ご本人(提出者)と確認できる書類(運転免許証、各種健康保険証など)
・転居者の旧住所が確認できるもの(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード又は住民票等、官公庁が発行した住所の記載があるもの)

 

2)ポストに投函する方法

 

1:まず最寄りの郵便局に転居届をもらいに行きます。
2:必要事項を記入します。
3:切手を貼らずにポストに投函します。

 

<この場合は転居届を受付後に、以下の方法で転居の事実確認を行う場合があります。>
・日本郵便株式会社社員による現地訪問
・転居者がご不在の場合、同居人等への転居者の居住の事実確認
・旧住所あて確認書の送付

 

3)インターネットでの申し込む方法
郵便局のホームページからアクセスして、必要事項を記入したら送信、後で郵便局から身分の確認があります。

 

郵便局が遠い人や郵便局が営業時間内に行くことが出来ない人は、ネットからの申込みがオススメです。

 

郵便物の転送には有効期限があって、転居届を出してから1年間です。
その間に免許証やパスポートの住所変更や保険会社や銀行などに住所変更の連絡を入れましょう。