冷蔵庫 引っ越し おすすめ

冷蔵庫の引っ越しでおすすめの運搬方法とは?

冷蔵庫 引っ越し

冷蔵庫 引越し

冷蔵庫 配送

冷蔵庫 運搬

 

大手の宅配業者には冷蔵庫を運ぶ家財の宅配便があります。

 

私も一度利用したことがあります。

 

中型の冷蔵庫を埼玉県から和歌山県に送ってもらった時、費用は13000円ほどかかりました。

 

自宅まで取りにきてくれてその場で冷蔵庫に保護材を巻いてくれました。

 

13000円という金額が安いのか高いのかわかりませんが、ほかに運ぶ手段がなかったので満足でした。

 

このような1つだけ遠方に送りたい場合の宅配便利用は良いと思いますが、引越しの時に冷蔵庫を運ぶ場合はやはり引越し業者がおすすめです。

 

冷蔵庫 送料

 

引越し業者はもっと費用がかかりそう・・・と思うかもしれません。

 

でも複数の業者から相見積もりを取ることで、費用は安くなります。

 

大きな家財だけ運んでもらうというサービスもあります。

 

新居の住所がわかれば早めに見積もりを依頼しましょう。

 

しっかり比べて1番自分に合う引越し業者を見つけることができますよ。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引っ越し時期と費用の関係

 

冷蔵庫 引っ越し 繁忙期

 

引っ越し費用はいつでも同じではありません。
一年のうちで引っ越し業者がもっとも忙しい時期、つまり繁忙期は引っ越し費用が高くなります。

 

引っ越し業者の繁忙期は3月前後です。
この時期は新学期に向けて日本中で引っ越しが行われます。

 

新大学生が上京したり、新社会人が寮に入ったり、さらに転勤になったサラリーマンファミリーの引越しなども重なります。
これに通常の引越しも加わわるのですから、それはもう引っ越し業者は大忙しです。

 

そして繁忙期の引越し料金は通常の時期よりも高くなります。
繁忙期にはスタッフを増員したり、残業になることも多いのでどうしても高くなるのです。

 

冷蔵庫だけ運ぶ場合も繁忙期は高めになりますから、もし時期にこだわらないのであれば繁忙期は避けてくださいね。

 

 

レンタカーで冷蔵庫を運ぶ

 

引越し レンタカー

 

トラックをレンタルして自分で冷蔵庫を運べば費用が安く済むのでは・・・?
ちょっと頭をよぎったことはありませんか?

 

レンタカーで冷蔵庫を運ぶときの条件は@距離が近いこと A人手があることです。
レンタカーで運ぶときは、積み込みも運転もすべて自分でしなければなりませんので、遠距離だとかなり大変です。

 

レンタカーですから返却時間までに戻る事を考えると、あまり賢い方法とはいえません。
借りた営業所と違う営業所に返却することも可能ですが、結構な額の手数料がかかります。

 

あとは冷蔵庫を運ぶのを手伝ってくれる人が必要です。
冷蔵庫はファミリータイプの大きなものになると100kg以上にもなりますから、1人で動かすことはまずできません。
トラックに載せるのに高く持ち上げないといけないので、できれば男性が2人欲しいところです。

 

費用についてですが、トラックの1日レンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】で、7000〜10000円くらいです。
これにガソリン代と友達への謝礼・お弁当・お茶代などがかかりますが、これだけで運搬できるなら安いと言えますね。

 

しかし、冷蔵庫を落として壊しても補償がないこと、賃貸物件は壁や床を傷付けたら修繕費が高くなることには注意が必要です。
冷蔵庫を無理矢理引きずって動かして、床や壁に傷をつけないようにしてくださいね。

 

レンタカーでの冷蔵庫の配送は近場であればお得ですが、場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もあります。
比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越し費用が安くなる条件の日

 

引越し 安い

 

引越し費用は、条件次第で今よりも安くすることができるかもしれません。
ではどんな条件で引越しをしたら引越しにかかる費用は安くなるのでしょう?

 

それには出来るだけ、引越しをしたい人が少ない日を狙いましょう。
それはズバリ平日です。

 

引越しの予約は土日祝日、月末・月初め・そして大安に集中して多くなります。
逆に平日や仏滅は予約が少ないため、引越し料金は割引されやすく、安くなる傾向にあります。

 

もし平日に引越しができるなら、費用が少し抑えられると思います。

 

時間でいうと午前中の引越しは人気があるので、料金的に言えば午後からの引越しが良いです。

 

しかし午後は前の引越しが長引いたり、渋滞で予定通りの時間からスタート出来ないことが想定できます。
そのリスクの分、午後便は割引されることがあるので時間に余裕がある方にはオススメです。

 

またこちらからは時間を指定しないフリー便も割引があるのでオススメです。

 

 

引越し業者の行う有料オプションとは

 

引越し オプション

 

引越し業者の見積もりには、人件費と交通費とオプション費があります。
スタッフにかかる費用が人件費で、トラックやガソリン代が交通費として、オプション費って何でしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

これらはすべての人には必要ありませんが、必要な人には実に助かるサービスです。
必要な人だけが選んでカスタマイズできるのがオプションなのです。

 

エアコンは電源をオフにすれば運ぶことができる簡単な家電ではありません。
移設には電器屋さんに来てもらう必要があり、しかも旧居と新居の2カ所なので手配が面倒です。
引越し業者にオプションで依頼しておけば、その面倒な手配をしてくれます。

 

荷物の一時預かりは、家を建て替える際などに便利なサービスです。
一軒家のなかにあった荷物を仮住まいに運ぶとなると、実に大きな仮物件が必要ですし引越し作業も2回必要です。

 

最近はコンセントの中に盗聴器が仕込まれているケースがあります。
一人暮らしの女性などはとくに怖いですね。
入居前に盗聴器がないか調べることができるのは、ちょっと新しいサービスですね。

 

オプションの内容は引越し業者によって異なります。

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ごみ

 

家のなかに粗大ごみはありませんか?
壊れている家具や家電、なかなか捨てるタイミングが難しいものがありますね。
引越しは粗大ごみを断捨離するチャンスでもあります。

 

しかし残念ながら粗大ごみはいつでも自分の好きなタイミングで捨てられるというものではありません。
市区町村のクリーンセンターやリサイクルセンターなどに回収され、リサイクルされます。

 

回収場所の名前は自治体によって違いますので、ホームページや電話で確認してください。
粗大ごみは@回収に来てもらう方法(有料)とA自分で持っていく方法(無料)とがあります。

 

まずはリサイクルセンターなどに電話で連絡をして、粗大ごみを回収してもらう日を予約し、コンビニで「粗大ごみシール」を買ってそのシールを捨てたい家財に貼り、約束の場所に時間以内に置いておけば引き取りに来てくれます。
粗大ごみシールは1つの粗大ごみに対して1枚ずつ必要です。手数料につきましても各自治体で異なります。

 

もう1つはまず電話で持ち込む日時を予約をし、自分の車などでリサイクルセンターに持ち込みましょう。この場合、粗大ごみシールを貼る必要はありません。
詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

ただし、気を付ける点もあります。家電はすべて粗大ごみというわけではありません。

 

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法により粗大ごみ扱いではないため、家電を購入した家電量販店でのリサイクルが義務つけられています。